高校野球を見に行きました。

私はこの夏、高校野球を初めて見に行きました。
きっかけは友達から高校野球行ったことないからと誘われたことでした。
ちょうとその日、暇をしていた私は冷やかし程度の気持ちで見に行ったのです。
私が座ったのは無料で開放している外野席。
着いた頃にはすでに人がたくさん座って野球観戦をしていました。
暑い中、1日いることはしんどいと感じたので、1試合見たら帰ろうと言っていました。
結局3試合気づいたら汗だくで観戦していましたが。
私は坊主頭の高校生に魅力なんて感じるわけないと思っていたのですが、見ているうちにどんどんと引き込まれていました。
特にどちらの高校も地元でもないし、思い入れも何もなかったのですが、自然と応援していました。
また、アルプス席の応援団の熱さにも気分が上がりました。
後から気づいたのですが、坊主頭だと雰囲気イケメンのような人がおらず、顔勝負なので分かりやすいです。
正直外野席からでは顔など見えず、プレーのみでかっこいいなんて思いながら見ていましたが。
家に帰ってからは、気になった選手の顔写真を探してみてみたり、高校の特徴などを調べていました。
それからというもの、毎日のように高校野球を録画して、夜中の熱血甲子園を見る生活を送っていました。
そして休みが合えば甲子園に行き、この夏、甲子園通いだけで真っ黒に日焼けしました。
しかし、なにかに熱中することはとても楽しいし、全く後悔はしていません。
趣味の幅も広がり、よかったと思いました。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *